Blog&column
ブログ・コラム

天然樹脂とプラスチックの違いは?

query_builder 2021/11/01
コラム
blue-fashion-design-plastic
天然樹脂とプラスチックにはどんな違いがあるのでしょうか?

樹脂の種類を知ることで、すぐに違いが分かるようになりますよ。

▼樹脂には2種類ある
樹脂には「天然樹脂」と「プラスチック(合成樹脂)」の2種類があります。

■天然樹脂とは
天然樹脂とは、木の幹から分泌される樹液が固まったものを言います。
ゴムや漆、松ヤニなどが有名で、昔から接着剤や塗料として利用されてきました。

動物性の天然樹脂では、動物の骨から抽出したコラーゲンで作られる膠(にかわ)があります。

樹脂は水に溶けにくい性質を持ちます。

■プラスチック(合成樹脂)とは
プラスチックは人工的に合成されたもので、「合成樹脂」と呼ばれています。

プラスチックの主な原料は石油です。
金属よりも手軽に加工でき、かつ安価に製造できるため、日用品から車の部品、アクセサリーまで、さまざまな工業製品の材料として利用されています。

合成樹脂には次のようにさまざまな種類があります。

・ポリエチレン
・ポリプロピレン
・ポリ塩化ビニール
・ポリスチレン
・アクリル
・テフロン

ひとくちに合成樹脂と言っても、製造方法により異なる性質のものができます。

▼まとめ
樹脂には天然樹脂とプラスチック(合成樹脂)の2種類があります。

ちなみに3Dプリンターで使われる「レジン」とは、英語で「樹脂」と意味です。レジンも樹脂の仲間ということですね。

3Dプリンターのレンタルは株式会社アイエムエスまで、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 3Dプリンターをレンタルするメリットは?どのくらいの期間借りられる?

    query_builder 2022/01/01
  • 樹脂の耐熱温度とは?

    query_builder 2021/12/15
  • 樹脂はどうやって研磨する?

    query_builder 2021/12/01
  • 樹脂加工とは?

    query_builder 2021/11/15
  • 天然樹脂とプラスチックの違いは?

    query_builder 2021/11/01

CATEGORY

ARCHIVE